高校生がバイトを「すべき」4つの理由

皆さんこんにちは

部活に勉強に忙しくて

アルバイトなんて考えたこともない

高校でアルバイトはしないように言われている、

そんな方が多いのではないでしょうか

反対に、高校生になったらバイトで稼ぐぞ~

と意気込んでいる方もいるかもしれません

今回は実際に高校時代バイトを「して」いた

私が考えるバイトを「すべき」理由について語っていきます

「すべき」としているのには理由がありますがそれについては後ほど

社会に出るという経験ができる

この間まで社会に出ることのできなかった高校生が

実際に学校という小さなコミュニティを離れて

働くという経験は自分自身を成長させるきっかけになります

理不尽なことで怒られたり、接客業であれば

お客さんとの間でトラブルになってしまうこともあります

しかしそういった緊張感や失敗した経験はあなたを大きくし、

社会に出るとはこういうことなんだろうなと感じた経験は、

その後の人生に大いに役立ちます

お金を稼ぐ大変さがわかる

これまで欲しい物や服は両親や家族に

買ってもらっていたという方が大半でしょう

もちろんそれはとてもありがたいことだ、

という自覚もあるでしょう

しかし、いざ給料をもらっても自分が欲しかったものを

買ってしまうとすぐになくなってしまいます

これだけ働いて、これだけか、

と思ってしまうかもしれません

しかし、そういった経験は今まで親やその他の人たちが

自分にしてきてくれたことのありがたみを一層感じさせてくれます

バイトをすることで感謝のできる人間になることができるのです

今まで関わったことのないタイプの人と関われる

今までは、学校とその周辺の人たちを中心とした方々と関わってきましたが

アルバイトで関わることのできる人のタイプは多種多様です

親と同年代だけれど、自分の親とは考え方や雰囲気の全く違う大人

年の離れた大学生

とても仕事ができるヤンキーのお兄さん

などなど今までは関わったことのないような

人たちと関わることになります

その経験は時に戸惑うこともありますが、

自分が今まで知らなかったようなことを教えてくれたり、

その人の仕事観を教わったりと

振り返ってみれば貴重な経験だったな、と私自身思いますし、

物事に対する視野を広げることにもつながります

時間の貴重さがわかる

高校生は大抵大学生などに比べて時給が低いです

おそらく時給は800円~900円、

もしくはもっと安いかもしれません

(地域によってことなりますが)

例えば時給が850円だったとしましょう

時給というのはお分かりだとは思いますが

1時間当たりのお給料です

つまりあなたの一時間をお店に850円で売り渡す、

ということになります

あなたがこれを安いと思うか高いと思うかは自由です

しかし、そこからもわかるように

あなたの時間はそれだけの価値があり、

皆がお金を出してでも欲しがるものなのだ

ということを考える良いきっかけになるでしょう

バイトは「すべき」

今回私はバイトをすることによって

得られることを書いてみました

上記のようにバイトをすることで

得られることはたくさんあると思います

もちろんお金を得ることもできます

しかし私はバイトは「すべき」だとおもいます

確かに、バイトでは沢山ことが得られます

しかしそれによって失われることもあることを忘れてはいけません

それはあなたの時間です

高校生という時代は勉強だけでなく

部活に励んだりと様々な、

その時にしかできないことがあります

しかし残念ながらその大切さや価値は

それをしているその時には感じることができません

ですので、一度バイトという

全く今までと違うことを経験し時間の貴重さを学ぶことは

それ自体の時給以上に価値あることになるでしょう

そしてその貴重さに気づくことができたなら

さっさとバイトはやめてしまいましょう

これが私の考えるバイトをすべき理由でした

私はバイトを「して」いました

というのも私は二か月ほどでバイトをやめてしまったのです

私のすべきことはバイトではなく今しかできない勉強、

学校での活動をすべきだ、と思ったからです

私自身高校時代、バイトをした経験は少ないにしろそのような大切なことに

改めて気づくことが出来ました

ですのでバイトは「すべき」なのです

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です