たったこれだけ!古文単語の覚え方の裏ワザ

皆さんは暗記が得意ですか?

私は嫌いです。笑

特に古文単語なんて日本語みたいなもんだし

英単語ほどやる気も起きませんよね

(古典好きな人ごめんなさい)

しかし、古典は定期試験、センター試験、

人によっては二次試験までついて回るので決して避けて通ることはできません

私はこの方法でセンター試験での点数を大幅にUPすることが出来ました!

ですので今回は効率的な古文単語の攻略法をお伝えします!

古文単語を覚えることの意義

ではまず古文単語を暗記することの

意義について考えてゆきましょう

古文単語なんて覚えていなくても日本語だから何とかなるでしょ、

と考えているそこのあなた!!!

大間違いです

これを怠ると読解問題はおろか

受験生にとって重要な得点源である

単語問題すら落としてしまうことになります

逆に単語を覚えるだけで解ける問題がたくさんある

ということです

また古文単語は英単語のように

1000や2000単語覚えなくてはならないわけではなく

おおよそ300語程度覚えればセンター試験から

二次試験まで対応可能です

そう聞くとなんだかやる気が出てきませんか?

ここからは古文単語の

効率の良い覚え方についてお教えします!!

古文単語の効率的な暗記方法

step1.まずは単語帳を開く

よし、単語を覚えるぞ!!

と意気込んでいても今日は疲れているからいいか、

など理由をつけて単語帳を開かない、

ということが暗記のもっとも強い敵です

逆に毎日単語帳に触れる習慣を作ってしまえば

最強の暗記の味方になることは間違いありません!!

ですので

まずは単語帳を開く習慣をつけることを意識しましょう

step2.これを意識すれば効率アップ!

単語帳を進める上で意識してほしいたった二つだけの魔法をお教えします!!

単語のイメージを思い浮かべる

これは単語の暗記で非常に大切なポイントです

人間が物事をを覚えるには

その事柄に意味付けをしてあげなければいけません

全く意味のない数字の羅列でも語呂合わせで

覚えることで記憶に定着させることもできますよね

ですので古文単語も同様に意味をイメージして

覚えるとその効率は格段に向上します

例えば「つきづきし」という形容詞がありますが

これは「似つかわしい」という意味です

つきづきしは「付き付きし」

つまり付くが二回繰り返されるほど引っ付いている

=似つかわしい、というイメージをします

これはあくまでも一例ですが

このように自分なりに単語のイメージをしていくと

自然と定着していきます

意味がわからなかったものにチェックをいれる

単語帳を使っているとどの単語を

覚えていないのかわからなくなります

そうならないために

予めわからなかった単語に付箋を貼ったりして

印をつけておきます

そうすることで覚えていない単語を

2周目以降意識して覚えられるので

効率は非常に上がります

step.3 何周も眺める

暗記に深い思考は必要ありません

上のポイントを意識して

眺めるようにどんどん進めましょう

覚えよう覚えようと思うことは逆に負担となり

単語帳を見ることすら嫌になってしまう原因です

ですからスラスラと眺めるだけ

ですがイメージすることと

分からないものにチェックをつけることだけは忘れずに行います

そうすることで何周も単語帳を見ることができ、結果的に

単語を覚えることにつながるのです!

暗記は数をこなせば必ずできます!!

必ずです!

考えてみてください、

あなたはあなたの大好きな曲を何も見ずにうたえますよね

それは何度も繰り返しその曲を聞いたからにほかなりません

ですから軽い気持ちで何度も繰り返し眺めて覚える

という意識で暗記していきましょう

step.4  単語帳を辞書にする

ある程度学習が進んでくると

読解問題を解く機会が増えてきます

そのなかで当然わからない単語もたくさん出てきます

その単語を安易に辞書で調べるのではなく、

単語帳の索引で調べることで

以前やったはずの単語であったりすることが判明します

そうすることでどんどんとわからない単語が減ってゆき効率的な学習ができます!

まとめ

いかかでしたでしょうか

暗記するんだ!

と固くなってしまうとかえってしんどくなってしまいます

ですので今回お伝えしたポイントに

注意して軽い気持ちで何度もさらっと

繰り返し読むことで自然と単語が定着していきます

筆者もこの方法で古典の点数が大幅に

アップしたのでぜひ試してみてください

最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です